×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。









さて 今回は依頼を受けまして 久しぶりのSRベースでクラシック
行ってみましょう!!

ぼろい・・・
いつもの事なんですがね
エンジンは? フレームは?
とっても嫌な部分まで曲がってたり破損していないか確認作業が始まります

っチューワケで いつも通りキャブからはじめます
写真の裏側ですが やっぱりいつものプラカバー 割れてます

プラカバーを新調して ブラスト オーバーホール ボルトステンレス化
完璧!!
でも写真がヘボ!!

そして手振れ!!

と、この辺で依頼されておりましたオーナー様からベース車変更と!!
なら このSRはいつものチョッパーとして製作してまいります
で、新アルバイトの中村君
彼が来て一発目のフルカスタム
「お前 いっぺんデザインしてみろ」
「頑張ります!!」
というわけで 中村スペシャル
作っていきますが もって来た案はもう臭い ショボイ カッチョ悪い ちぐはぐ
「もーいっぺん 練り直せい!!」
「はい・・・」

彼の案でシングル仕様
リアフェンダーをマウントして 彼の好みのカットで仕上げます
そしてそれに沿ったシートベースを作っていきます

で、持ち上がったスタイルのスポタン
オイルキャップをかわす様に この辺の加工はいつも通りです

マフラーはというと左出しの真っ直ぐライン
これにターンアウトしろ!!と

しかし、車検のたびにマフラーを変えるのはなんだかね 面倒でしょう?
ターンアウトは車検に通りません
というわけで、ターンアウト部分だけ外れるようにボルトオン
車検時にはそれを外してインナーサイレンサーを突っ込んでクリアー

で、形が出来上がればばらしていきます
いつものようにバルブ鏡面研磨

エンジンを塗装して フィンを削ってボルトステンレス化
中身は ピストンリング バルブステムシール オイルシール類 カスケット類 新調して
ピストンヘッド鏡面研磨
いつも通りしっかり仕上げます

今回は車体色にあわせてワンポイントのカラーリングもチラホラ

ハブ リムはペイント スポーク タイヤ チューブは新調
いい感じに出来上がり

フロントも同じように仕上げます

で、後はブリブリ組むのみ!!
いちいち怒られながらもしっかりと組み付ける中村
自分デザインが形になっていく様を感慨深く眺めております

というわけで完成
中村君のおかげで早く仕上がりましたが、いつものチョッパーとは少し違った加工もチラホラしております
従業員とはいえ、お互いに高めていける関係
それが理想ですよ
多分、僕が一人で作るとこのスタイルは生まれなかったんでしょうからね

定番コッカータイヤで迫力満点です

マフラーが左出し サイドテールも左 というわけで結構スッキリした右側
撮影にキックアームをしまうのを忘れてます

フレームは毎度の当店オリジナルチョッパーフレーム加工です
メインフレームからシートレールを作り直して一直線に
で、リジットバーも一直線にするためにサスの上のマウントは新設しております

今回のスタイルはもとより カラーリングや配色、シートのデザインも中村スペシャルです

すり抜けスイスイ仕様です

右側はスイッチ メーター マフラー サイドテール
とぎっしりと詰まっております
そこにドリルド加工のヒートガード フロントスプロケットカバーが合わさります

ホイールは前後とも 面倒ですがスポークを張り替えております
ここがサビサビモケモケじゃー台無しでしょうからね
フォークもモチ オーバーホール済み

近くで見るとタンクには赤いラインが入ってます
これが中村君の手によるピンストです
合格ライン!!

スイッチをサイドマウントしてますのでハンドル周りはシンプルになりました

こちらのシート アンコ 表皮は毎度の明和内張りさんのお仕事です
「ダイアカットで赤いライン」みたいな適当な注文でしっかりと仕上げてくれます
いつもお世話になってますね

リアフェンダーにも中村ピンストが入ります

サイドテールはいつもと同じスタイル
簡単には折れない強度 これが大事です

一手間かけたドリルドパーツです
車検に行くようにターンアウトは取り外し可能です

こちらも定番 サイドスイッチ&メーターです
これで必要なものは全て付いております

今回もエンジンはしっかり仕上げております
可能な限りステンレスボルトを使い 長く美観を保てるようになってます

と、今回は急ピッチで進めたSR
新従業員 中村君のセンスを知ると共に
彼自身 自分スペシャルを作る事でこのお仕事の楽しさと大変さを知って欲しかったんですよ
雪の舞い散る寒い日に給湯器が潰れ 水で長時間洗いをして
それを塗って組み上げるそのパーツパーツ
その過程で彼からこぼれる感嘆の声と嬉しそうな顔
この一台は彼を大きく成長させた そんなバイクです

仕上がりはね 処女作にしては ベリーグー
合格点ですよ