×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。









パソコン内の画像を整理しておりましたら、何年か前に”インターネットでフルカスタム”で依頼を頂きましたレブル250フルカスタムの画像を発見いたしました
遅ればせながら、その工程をば。
テーマはストリートチョッパーです

レブルのエンジンには大きく2種類あります
一般に前期エンジン、後期エンジンと呼ばれるものですが、僕は前期が大好きです
シリンダーヘッドの造形が後期になるとノペッとしてしまうんです
ということで、前期型をベースに選びました

今見るとノーマルはおっさん臭いです
しかしこれが、スティードが出るまで日本のアメリカンブームを引っ張っていったんですね

まあ、中古車なんでキャブは一応見ます
いけてもいけなくても、見ておかないと心配で寝れません

タンク、リアフェンダー、シートをあわせて依頼者さんに画像を送ります
ゴーサインが出れば、本付けします

スポーツスタータンクもありですよ
ってな感じです

依頼者さんの好みからスポーツスタータンクに決定
トンネルをあわせ、ライトなんかもつけていきます
レブルのフレームってやつは実にかわいいです
カスタムのしやすさは、ぴかいちのベースです
リアフェンダーサポートなんかも作りました

フレームのエンドが不細工だったので、ループにします

メーターもこれでOKです
センターにつけるために、一枚プレートを作っています

ハンドル回りをすっきりさせるためには、メインスイッチの移設は欠かせませんね

サイドテールをフェンダーサポートに溶接でつけます

シンプルに決めたいんです

というわけでばらばらです

なんとも寂しくなったエンジン
まだまだばらします

シングルカムの2気筒です
シンプルです

シリンダーも引っこ抜いて、コンロッド大端部ベアリングを確認します

定番メニュー バルブの鏡面磨きです

ヘッドをブラストして、バルブの擦り合わせ、組み込んだあとに、ガソリンを入れて漏れがないかチェック
定番です

ピストンヘッドを磨いて、リングを新品交換、組み込んでいきます

大方完成ですね

ホイールも完成です
赤いラインはテープではなくペイントです
綺麗になりました

シルバーに塗られたフレームにエンジンを載せ、足回りをつけました

マフラーはワンオフの2in1です

リア周りも渋く決まりました

というわけで完成です
軽快なクオーターストリートチョッパーが出来ました
乗り味は最高です
フロントは寝かさず、伸ばさず
リアサスは殺さず
最高の乗り心地です

カラーリングは黒、シルバー、少しだけ赤、もう少しだけガンメタ

なかなかバランスが取れたと思います

画像が出てきたのはここまででした
完成すると、完成写真を綺麗に撮るんですが、どうもそれが見当たりません
また出て来ましたら、載せます

バーニング誌さん
掲載ありがとうございます