×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。









今回のベースはGR650です
長い間、並列2気筒最速というなにやらそそる冠のついたバイクです
希少車ですが、これが欲しくて探しました

とりあえず不細工な外装です
これはこれで味があっていいかもしれませんが、ちょっとシャープなイメージに変えたいと思います

外装をはいで、スイングアームを伸ばしてみました
ハンドルは、ポストを下向きにつけて、ローアングルなカッコです

シャープなラインを出したかったので、タンクはCB250RSを選び、底部分をカットし、さらにシャープにしました
リアフェンダーはスイングアームマウントです

タンクは大変です
この後に、溶接、剥離、コーティングなど、本当にタンクは大変です
ただ、バイクの顔部分なので、頑張った分その成果は目に見えて大きい部分です

色々ありましたが、エンジンが出来上がりました
今回のエンジンは黒とガンメタのツートンです
渋く決まってます

もち オーバーホール済み

ループ加工などを施し、真っ赤に塗ったフレームにエンジンを載せました
現段階ではへんてこなバイクです

色々ついてきました
色のテーマは、「目覚めるで この赤さかげんは」です

スイングアームが長いです
2人乗りが出来るように、脱着式のタンデムシートをつけました
無い方がかっこいいですが、彼女を乗せて走りたい時もあるってもんです
マフラーは今回は直管風にして、エンド部分に真ちゅうでアクセントをつけています

完成です

カッコイイです
今回は特にジャンルにこだわりませんでした
僕はノンジャンルが好きです
逆にジャンルにこだわる頭の固い人間が嫌いです
ジャンルの存在理由とは、「アメリカンに乗りたい」「トラッカーが好き」といった分かりやすい伝達の言葉でしかないと僕は思っています
その伝達の言葉ごときが、作り手のオリジナリティーの邪魔をしては決してならないのです
そして作り手に限らず、乗り手にもジャンルに縛られたつまらない思想を持って欲しくないのです

ハンドル回りを強調するために、ライトを小型化しました
光量はちと少ないですが、それ以上のスタイル的メリットを持ちます