×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。









またまたエリミネーターのカスタムをします
当店はエリミネータカスタムが多いです
それは僕がエリミネーターが好きだからです
アメリカンでも4発で速い!!
これが好きなのです
4発のフオーン感、シャフトドライブのダイレクト感、これがたまらないのです
それでいてアメリカンのスタイルを持つエリミネーターは、わけのわからない魅力を持った一台です
今回のテーマは“めっちゃ速いクラシック”です
これまたわけのわからないテーマですが、めらめらと燃えてきました

一番の顔であるタンクをつけました
マスタングタンクで決まりです
タンクの裏をカットして、フレームにラインを合わせます

次にフラットフェンダーを加工します
2人乗りも考えておりますので、強度抜群にしておきます

ロー&ロングにするために、リジットバーを作りました
あと、シートの取り付け、邪魔な後のフレームのカットをしました

フラットフェンダーと、マフラーを作りました
フェンダーは色んな補強を入れて、クラシックかつ丈夫になりました
マフラーは腹下で、4イン1にして、右の1本出しです
サイレンサーは極太キャプトンでこれまたクラシックに輪をかけています

ハンドルをワイドにして、かなりクラシック色になりました
ぶった切ったリアフレームが不細工だったので、ループバーを作りました

ここから全バラです
まずエンジンをペイントしました
今回は黒く決めます

ペイント済みのフレームにエンジンを載せ、前足をつけています
ベアリングなどのグリスアップでばらす前よりも、格段にスムーズなっています

後ろ足もつけました 
シャフト駆動なので、チェーンを張る手間がなくて楽チンです

フェンダー回りも黒く渋く決まっています

さてさて いろんなものをつけて完成間近です

完成です
かなり渋く決まりました
キャリアをつけてクラシック感がまた上がりました
全体的にいいラインをかもしだしています

エンジンは4発なのに、スタイルはクラシックです
これで、4発サウンドを響かせながら試乗する助手の姿はカッコ良過ぎます

ワイドハンドルと、キャプトンマフラーでクラシックにかなりいい味を出しています

タイヤはミシュランで、グリップもいい感じです
タンクとキャリアのバランスもいい感じです

ループバーも自然な感じで延びて、グッドです

リジットなのに、サドルシートのおかげで結構楽です

今回のカスタムは奇をてらった物のように見えますが、これこそが僕の自然な欲求です
”クラシックスタイルでも速い方が絶対に良い”
僕はこう思います

エンジンがシングルや、ツインでなければ
空冷でなければ
ドラムブレーキでなければ
スポークでなければ

それはクラシックを作るうえの常識的なセオリーです
僕にとってはしがらみです

そんなしがらみを、気にしていては乗り手のオリジナリティーはまったく無くなってしまうと思うのです

個性を引き出すためのカスタムでしょ?
そんなしがらみはポイッと捨ててしまって、気楽に思うようなスタイルで行きましょう

バーニング誌さん 掲載ありがとうございます