×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。









奈良からはるばる依頼を頂きましたエリミネーター250です
乗ってきていただいたときに、ある程度ばらしてあれこれとパーツをあわせてみていただきます
これはその写真です
ベースは完全ノーマルのエリミネーターです

今回はフルカスタムではなく、予算に合わせて出来るところまでカスタムです
特に不細工なシート、リアフェンダー周りを重点的にカスタムします

依頼者さんの希望でフラットフェンダーに決まりです
フレームの不要なステー類をカットして強度のあるフェンダーを作ります

今回はスイングアームマウントではなく、フレームマウントです
タンデム重視ですね

フレーム間の橋渡しをカットしましたので、それよりも丈夫な連結を作る必要があります
ムクの丸棒で連結し、そこにフェンダーを溶接します

オーナー様はこのバイクにチビを載せて旅に出るそうです
絶対に安全なものを作らないといけませんね
まあ 今回に限ったことではないんですが

次に前側のステーを作ります
見た目を考えてこれも丸棒で作りますが、ボルトのすわりがいいように、その部分は平らにしておきます
この加工をするとしないとでは、かなり安全性に影響します

これをフレームに溶接しましたら、フェンダーの固定は完成です
曙が乗っても折れません

今回交換する、メーター、ウインカーを外しました
これだけでもかなりかっこよくなります
エリミネーター好きの僕ですが、世のライダー諸君
もうちょっと認めてあげてくれませんかね

次にマフラー製作です
運よく、サイレンサーまでのパイプが材料置き場に転がっていました
その2本を溶接でつないで、綺麗にスムージングすれば完成です

で、車体につけるとこうなります
なかなかいい位置にエキパイがやって来ました
あとはサイレンサーを作って完成です

サイレンサーを作りました
オーナー様の希望でストレートパイプですが、どうも味気がないので、エンドにスリットを入れました
これだけでもだいぶ変わりますね

次にお客さんの希望である、茶色サドルシートをつけます
リジットマウントなので、出来るだけフレームにべたっとつけたいところです

色々と加工をしてつきました
エリミ君のボルトオンパーツは殆どありませんから、これも世界に一台のカスタムですね

前にあわせてリアシートも装着です

この依頼者様は後ろにチビを乗せてツーリングに行くそうで、キャリアとシーシーバーは必須なんです
これで、楽々旅に出ていただけます

サイドバッグもつけるそうなので、そのステーをつけておりましたら、ヘルメットホルダーがバッグに隠れる位置にあります

これは移設しかない

キャリアに移しました
こんな細かな心配りを忘れません
って自分でゆーな

完成です
今回フラットフェンダーはフレームマウントなので、人が乗るとスプリングが縮み上下します
最も縮んだ位置にフェンダーをタイヤに当たらないようにセットすると、なんともオフロードのような位置にリアフェンダーが持ち上がります
これを何とかするのはサスの加工です
底付き位置を少し上げてフェンダーとタイヤの干渉を防ぎます
その工程は写真を撮っておりませんのでまた次回

フェンダー、シーシーバーは黒にペイント
マフラー、キャリアはメッキです
今回メッキが荒すぎましたので、やり直しに出しました
お客さんにはその分待っていただき、申し訳ない限りです

シーシーバーパッドは今後お客さんが、茶色に色を合わせるそうです

メーター、ミラー、グリップも交換しております
で、エンジンをかけようとするもかかりません
どうも電気系のようです

「カワサキは電気系が弱い」
まことしやかに言われておりますが、僕の経験ではアースがとっても弱いような気がします
アース不良がよくあるんです
そして今回もそうでした
カワサキで電気系にお悩みのかた、ためにしあちこちアーシングしてみては。
8割それで直りますよ







今回のお仕事はこれで終わりです
予算に応じたカスタムですので、まずはノーマルの気に入らない箇所から換えていく
こーいうカスタムもいいですね
いっぺんにフルカスタムする方がトータルすると安くなりますが、チョコチョコ進める方が愛着がわいてきたりもします
一長一短ですが、当店はどちらも応援いたしますし、僕自身どちらも好きです