×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。









お客様からの依頼
SRでクラシック!!
だったんですが、やっぱりビラーゴに変更!!
というわけで仕入れました250ビラーゴ君
クラシック路線で攻めてまいります

エンジンは実働
ギアも良好
良いベース車です

チョッパー感満載のこのビラーゴ君
これから全部剥いでクラシックスタイルに変わって行きます

で、まずは骨 作っていきます
で、依頼されたのが ブラフシューペリアってな 古いバイク

これに近づけるには ハードテールですか・・・
まずはレーザーでアクスルのプレートを作ります

で、あれやこれやを外しまくります
いらないフレームも切ってしまいます

大体のバランスはこの辺ですか?

というわけでハードテール加工 大体終わりました
たまにね この加工だけしてくれい!! ってなお客様がおられるんですが
今の状態では押して歩く程度の強度しかありません
これから補強をして あれこれ追加していきます
で、この状態では手の入らない箇所は、フレーム単体にしてひっくり返したり 寝かしたりして溶接を走らせます

ということはね
フレームの加工だけでも、エンジンを降ろして 足回りも配線も全部外します

それならエンジンもせっかく降りるわけですから、オーバーホール
フレームが変わった事により 専用のシートやフェンダーもいる
っちゅーわけでね
「フレームだけ!!」 という依頼は 言われればやりますよ
やりますけど コストの面を考えると なかなかお客様が出す費用の割にはあんまりね
効果はないって事になるんですよ 

で、問題のタンク
ブラフの画像とにらめっこ
なんとも薄くて平べったい
バランスを考えると SRノーマルタンクの下のほうを切って薄くして
真ん中を切って継ぎ足して幅広にする?
大変そうな作業がこの後 続きます・・・

その前に 前後フェンダー 決めますか!!
こんな感じですか?と まずは手で持ってオーナー様に画像を送ります

フロントフェンダーのラインが気に入らない というわけで不要な部分をカット!!

で、プッシュロッド風カバーを作れ!!と
昔はね ビラーゴにもボルトオンであったんですよ
ただ、見た目にショベルヘッドっぽいでしょう?
今回のテーマは「ブラフみたいなん!!」
なので、またまたブラフの画像とにらめっこ
楕円のヘッドカバーを作りました

カットしたフェンダーをつけますと オーナー様から「短すぎる!!最初に戻せ!!」
・・・
倉庫を探すも このフェンダー もうありません
ヤフーオークションで探しますか・・・

頑張ってアーム 作ったのに・・・

というわけで、またヤフーオークションで買って 作り直したブツ

 

で、ブラフ風プッシュロッド風カバー
出来上がり
これがね 結構大変でした

キャリア兼リアフェンダーステーが出来上がりました
各部の溶接のスムージングも終わりつるつるのツル太郎

ここまでする必要はありませんがちょっとでもクオリティー
あったほうがいいでしょう?
補強を兼ねてマウントもカッチョ良くしとこう!!

で、問題のタンク
SRタンクに悪戦苦闘の中 オーナー様が
「マグナ250のタンク ちょうど良さげでない?」
ブラフのタンクの特徴は長くて平べったい

んーー 分からんけど いっぺん仕入れてみよう
トンネルが全く合えへんやん
と、苦戦の跡が見えるタンクの裏側

それでもしっくり来る位置に来ない
というわけで強度を損なわない程度に邪魔なフレームをカット!!&蓋!!

オーノーウウ!!
ベリーグーやないか!!
SRタンクとの格闘
なんやってん!!
とか思いますが 結果よければ全てよし
なんだか雰囲気が出てきましたよ

お次はマフラー
これが元付いていたライン
これじゃーオーナー様 許してくれません

色々継ぎ足してこのアール
ブラフの画像とにらめっこを繰り返し
それでいてブラフはガーターフォークですからサスが沈むと斜め前にホイールは移動しますが
テレスコフォークはそのまま斜め後ろに移動しますよね
っちゅーことで沈んでもフェンダーに干渉しないようにギリギリまでアールを利かせます

で、スムージングしてこの通り良いラインが生まれました
事細かにオーダーしてくる依頼者様
そんなこんなで作業はかなり牛歩に進みます

で、元の写真に穴が開くほど見てみまして 同じようなラインでエキパイを作りました

で、そこにこれがまた大変だったんですがブラフ風フィッシュテール
これを作りまして合わせまして 更には上下のサイレンサーを連結しました
マフラーだけでもかなりのこだわり仕様です